頑張り世代のおじさんが世間、いや自分に思うこと

最近色々と感じることが多くて。でもそれが正しいのか、間違っているのか、ただおかしいだけのか。世間に聞いてみたくて。

休肝日って言葉は誰が考えた。って言う愚痴です。

アルコールの最適な摂取量はどれくらいなの?

一般には1日一合が良いと言われますが本当でしょうか?

 

毎日沢山のアルコールを飲んでいても、アルコール依存症にならない人と、なる人がいます。

これは何が違うのでしょうか。

 

単純に考えると、人によって許容できるアルコールの量が違うからのはずですが、では何がその差を生み出しているのですか?

 

やっぱり肝臓の何かが違うのでしょうか?

私は医者でもなんでもないのでよく分かりませんが、お酒は大昔から人間にとってとても身近にあるものにも関わらず、なぜ未だにそれがはっきり分からないのでしょう。

 

なんか、簡単な検査をすれば、あなたは毎日これだけお酒を飲んでも大丈夫とか指針みたいなのを誰か考えないのかな?この検査手法を考案して、特許でも取れば絶対儲かるのに。なんてバカな事を考えつつ休肝に話を戻します。

 

グダグダ書きましたが、私は毎日浴びるように心ゆくまでビールを飲みたいのです。

そして、酒に溺れつつ、1日を締めくくりたいのです。

でもやっぱり、体が心配でどこかでブレーキがかかります。

 

休肝日って誰が言い出した!

そんな事言う奴さえ現れなければ、この世の中はもっとのんびりとフワンとした人ばかりのはずなのに。あー、昼から酒を堂々と飲める外人が羨ましい。

 

ワインならいいのかな。。。イヤ、違うか。