頑張り世代のおじさんが世間、いや自分に思うこと

最近色々と感じることが多くて。でもそれが正しいのか、間違っているのか、ただおかしいだけのか。世間に聞いてみたくて。

気に入ったものを身につけようーシンプルに生きよう

以前、物には縛られたく無い、自由に生きたい、開放されたいと言っていた私。

 

今日はその開放されるために心がけている自分のスタイルについて

 

スタイルに自信をもつ

私が大切だと思うのは、スタイルにポリシーと自信を持つことだと思います。

 

私は会社員だし、女の人からも良く見られたいと考える。

つまり、いつもどこかで社会とつながっています。

 

本当はもっとあらゆる物から自由でいたいというのが本音ですが、社会につながりを持つ限りそうもいきません。

 

ではどうすれば良いのか。

 

自分の所作、服装、持ち物を良くする。

これは高い物、ブランド品を持とういう意味ではありません。

 

安くても、ノーブランドでもいいんです。

自分が好きな物、気に入った物を身に付け、自分のスタイルを確立する事。

それによって自分が自信を持って社会、他者と向かい合える事。

これが大切です。

 

私はあまり有名なブランド品が好きではありませんが、質が良く、安いものは気に入って身に付けるようにしています。

 

何が言いたいかと言うと、

自分に自信が付くことで、他人の事、持ち物を羨む気持ちから開放される。

つまりそれによって物から開放されるという事です。

 

数は最低限

実は気に入った物を持つのと同時に、物の数は必要最低限というのが、開放されるために大切にしている私のポリシーです。

 

ビジネス

  • スーツは2着ー身体に合ったオーダースーツを黒系とネイビーでそれぞれ1着づつ
  • 腕時計は1つービジネスでもオフでも使える物を1つ
  • シャツは3着ーホワイト、クレリック、ストライプを1着づつ。これもオーダーです。私のちょっとしたこだわりはボタンを少しだけオーダーと分かるようにオシャレする事。
  • ネクタイも3本ーこれはシャツに合うものを1本づつ
  • 革靴は3足ー靴がすぐに傷まないように日替わりで履く靴を2足。あと雨の日ようにもう一足。ソウル部分は木製ではなく、ゴム製。普段使いだからね。
  • カバンは2つー普段使い用と、1泊程度の出張用が1つづつ。

 

私服

  • Tシャツ3着ー洗濯を考慮すると3枚は欲しい
  • シャツ2着ー毎日同じは何となくイヤだから2着
  • ズボン3着ージーンズ1つに、夏用、冬用が1本ずつ
  • コート1着
  • 靴2足ー何にでも合うホワイト系のスニーカーとあともう一足。

 

新しい物を買ったら古い物は処分する。

沢山物を持つと、次から次へ新しい物が欲しくなって、また物に支配されてしまうのがイヤなんで。

 

 

つまり、私のスタイルは気に入った物だけを必要な分だけ持つシンプルスタイルです。

 

こうやって自分のスタイルを定義する事で、自由になれた気がしてます。