頑張り世代のおじさんが世間、いや自分に思うこと

最近色々と感じることが多くて。でもそれが正しいのか、間違っているのか、ただおかしいだけのか。世間に聞いてみたくて。

いざ魔境へ パート2

師走ということで、いつもより挨拶まわりなどに忙しい私。

 

今月は二度目の名古屋(魔境)出張です。

 

で、相変わらず新幹線で晩御飯🍺

 

今日はお気に入りの田村屋の銀タラ寿司が売り切れだったので、

五左衛門鮓の鯖寿司をいただきました。

 

f:id:heberekemachine:20171226214757j:image

f:id:heberekemachine:20171226214821j:image

 

やっぱり駅弁は寿司派な私。

 

でも一つ気になる事が、五左衛門さん味は なかなかですが、

容器は考えものかと、醤油注しが容器に付いているのですが、

そこに醤油を入れると隙間から漏れるのはいかがなものかと。

 

せっかく味は良くてもそのあたりを手抜きしてしまうと、

全体のクオリティーに影響しますよ!

 

さて、腹ごしらえを済ませたところで、本題。

名古屋の魔性について。

 

ほんと名古屋の方、すいません。

念のため言っておきますが、私個人の勝手な思い込みです。

私は名古屋が大好きです。

 

夜の街に若者が多い

これはこの街の特徴だと思います。

客引き、街を歩く人。飲み歩く人、店員、深夜でもとても若い人が多いように感じます。

エネルギーを感じ、将来性を感じるところです。

 

 ミックス

一つの街の中に、カフェからバー、パブ、風俗店、焼肉、ラーメン屋まで。

実に様々なお店が混在しているところが面白い。

 

お姉さんが綺麗

これは重要です。一時期名古屋嬢という言葉がありましたが、

そう言われるだけあって、名古屋の女性はとても綺麗な人が多い気がします。

そして、雰囲気や服装とかが街とよく融合しているのです。

 

ビジネスの街でもある

歓楽街を少し歩くと、すぐそこは沢山のオフィスビルの並ぶ一流のビジネス街。

なかなか他には無い景色です。

 

さて、今夜はまだまだ長い。

いざ魔境の深淵へ🍻