頑張り世代のおじさんが世間、いや自分に思うこと

最近色々と感じることが多くて。でもそれが正しいのか、間違っているのか、ただおかしいだけのか。世間に聞いてみたくて。

お酒は歳をとると飲める量が減ってくるのは何故?

ふと疑問に思ったことシリーズ! 第1回。

(2回目があるかは分かりませんが。)

 

お題:なんで歳をとるとお酒が弱くなるの。

 

20代の頃は、お酒が水のように飲めたのに、30歳を過ぎた頃からお酒に弱くなってきた。

なんて人はいっぱいいるんじゃないでしょうか。

私の経験だと、20代の頃はそれこそ一気飲みを何杯も繰り返す。というバカな飲み方をしても大丈夫だったんです。でもそれが今では一気飲みなんてとてもできません。まぁ、あんまりやりたくも無いですが。。。

一気飲みに限らず、少し多めに、又は夜遅くまで飲んじゃった。なんて日の次は必ず二日酔い。

昔はこれくらいなんてことなかったのに。っていう人多いんじゃ無いですか。

 

気になったので調べました。

そして受け入れたく無い驚愕の事実も。

 

原因1:肝機能の低下

 これは予想どおり。歳を重ねるってことは老いていくって事で、当然アルコールを分解する機能を持っている肝臓も例外ではなく老いるのです。

 

老いによって何が起きるかというと、アルコール分解のスピードが落ちるそうです。

つまりたくさんお酒を飲むと、どんどん分解できないアルコールが増えてしまい、酔っ払いモードへ移行するというメカニズムです。

 

まぁこれは容易に想像できますよね。

 

でも、これだけでは無かったんです。

 

原因2:体内の水分量の低下

人間の身体の成分の多くは水って皆さん知ってますよね。

おそらく勘のいい人はもうピンときたはず。

 

加齢とともに、身体の中に保有できる水分量が減っていくのです。

つまり血液の中の水分量も減っていきます。

ここにアルコールが加わるとどうなるでしょうか。

 

当然若い人より、おじさんの方がカサカサしていて(脂っぽい人もいますが)、血中水分量が少ないので、同じように飲酒しても、自然と血中のアルコール濃度はおじさんの方が高くなり、酔いやすくなるということです。

 

これは改めて活字で読むとショックでしたね。

 

原因3:経験

これは医学的な話ではなく、上の2つの要因だけだは不十分と感じた結果の私の持論です。

 

歳を取り、飲酒の経験を重ねることによって、人間が意識いない領域で、身体が飲酒にブレーキをかけてしまうのでは無いか?と思うことがあります。

身体を守るために、自動で身体がアラームを出しているのだと思ってしまいます。

 

これは上で書いた一気飲みなんかで特に感じることです。原因の1と2だけだと、どうしても説明が付かないような気がするのです。

 

どうですか?あると思いませんか?

 

うん。少しだけお利口になった気がします。

お仕事のできる、出来ないって何?

お久しぶりです。

しばらく、仕事が忙しくて全く記事を更新する余裕を失ってました。

 

さて、お題について。

よく仕事ができる。出来ない。なんて言葉を社会人であれば耳にする事があります。

 

なんとなく分かるのですが、具体的には何が違うのでしょうか?

勉強ができる、出来ないというのとは違う何かがあります。

総体的には勉強のできる人の方が仕事はできるのかもしれませんが、例えば、高学歴な人の中にも仕事となると全く役に立たない人がみられます。

 

まず、仕事が出来る事の定義ってなんでしょうか?

 

  • 仕事が早い
  • 間違いが少ない
  • 多くの仕事を処理できる
  • 最後まで遣り遂げる
  • レスポンスが早い
  • 折衝力が高い(コミュニケーション能力が高い)
  • 周りの人達の意見を取りまとめる事ができる
  • 話し上手、プレゼン能力が高い
  • 積極性がある
  • 帰属意識が高い

 

などなど、あとは補足的に

  • 誠実である
  • 清潔
  • 明るく、はきはきしている
  • 協調性が高い

 

こうやって条件を整理していくとなんとなく見えて来るものがありますね。

 

確かに最初の方に書いた処理能力的なところは学校の勉強ではなかなか身につかないもののような気がします。

地頭(ジアタマ)の良さというものでしょうか、暗記能力が良いとか、数学が出来るとか、それも当然仕事の能力に関係すると思うのですが、それだけじゃないんですよね。

 

あと、後半の方に書いたコミュニケーション能力的な部分は日本人が苦手な部分とよく言われますが、学校の成績ではなかなか評価の難しいところなんでしょう。

 

もう少し違う観点から考えてみました。

どれだけ優秀な人でも、与えられた仕事、極端な話無限の仕事を処理することは出来ないでしょう。

きっと仕事のできる人は、本質的に大切なこと、重要な仕事とそうでない仕事とを取捨選択しているはずです。

そして、重要な仕事に対し、ここぞとばかりにエネルギーを集中させることができる判断力みたいなのがあるんだと思います。

これはよくセンスが良いとか、要領が良いなんていうタイプの人ですね。

 

あとは、結果を予測して対応策を考えられること。

仕事の多くは他者との調整が必要だったり、問題が起きたり等、計画の変更が常に求められます。

それに対してどう対応するか。対応策をどれだけ準備できるか。という事も大切ですね。

 

また、仕事に着手するときに、完成までの道のりをどれだけイメージできるか。

必要となる仕事をブレイクダウンして具体的な作業に計画的に落とし込めるか。

経験があればそこは簡単にできることかもしれませんが、初めてのことに対してどれだけイメージできるか。

そこに能力の差が出るような気がします。

 

ちょっと今日は仕事のできるとはの定義で終わってしまいましたが、そのうち、どうすれば仕事が出来るようになるのかについても分析していきたいと思います。

 

ではまた。(出来るだけ毎日更新したい…)

 

お題スロットを回してみました。[行きたい場所]

お題「行きたい場所」

 

 私は普段カレンダーどおりの勤務をしていて、普段土日はお休みなのですが、この土日は久しぶりに両日とも出勤になってしまいました。

 

昔はあまり気にならなかったのですが、歳を重ねると休日の重要性が身にしみて分かってきます。やっぱりお休みの日は思いっきりリフレッシュして、心身ともに休ませることが本当に大切です。

 

お休みを取れなかったせいか、どうも今日は夕方あたりから頭の回転が悪く、けだるい感じが続いています。

 

ということで、何を書いてみようかと思案していたところ、ふと目の前にある「お題スロット」というボタンに気がつきました。

 

んで、ちょっと回してみたところ、なんと今の私の気分にぴったりのお題が。

 

という訳で、今日は「行きたい場所」について。

とは言っても、ちょっと大きな仕事のプレッシャーから逃れたい今の私の気分だと、ここ以外の場所ならどこにでも行きたい気分ですが。。。

 

私が紹介したいのは、「どこでもマイル」です。

www.jal.co.jp

行きたい場所というのではないのですが、JALマイレージ会員ならなんと往復6000マイルでJALの設定した4つの国内の行き先から、ランダムで行き先が決まるという面白い企画です。

 

それが、沖縄だったり北海道、四国など、なかなか普段行かない魅力的なところがチョイスされるというとても魅力的な企画です。

 

私はこのどこでもマイルを使って夏休みに釧路へ行ってきました。北海道でも新千歳から札幌あたりなら結構行く機会も多いかと思いますが、釧路はなかなか行くこともなかったので、大満足の旅行となりました。

 

釧路空港からは釧路湿原を観光し、屈斜路湖知床半島をぐるっとレンタカーで回って、北海道の雄大な自然と新鮮な海鮮料理を心ゆくまで堪能してきました。

自分で行く場所を決めていたら、まず来ることはなかっただろうなぁなんて思いながら、この企画に大変感動しました。

 

あと、金額的にも北海道に往復6000マイル(6000円)で行けるなんて、すごいですよね。自分で普通に行ったらその10倍くらいかかりそうだし。

 

あ~、早くこの仕事を片付けて、今度は沖縄の石垣島とか南国リゾートに行きたいなぁ(今寒いしね)。もう泳げるのかなぁ。ビーチで昼間からビール飲みながらゆっくり過ごしたいなぁ。

・・・やばい、完全に妄想モードに。

 

というわけで、私の行きたい場所というか旅行の方法になってしまいましたが、時には自分の行き先を運に任せてっていうのも面白いもんですよ。

 

 

お気に入りのパンツを履こう

見えないところといって、アンダーウェア油断して無いですか?

 

男性の密かなオシャレとして、靴、ベルト、メガネ等は良い物を身に付ける。という話を耳にします。

まぁ、それも何となく分かるのですが、今日はもっと大切な物があると言う話。

 

何か、アンダーウェアです。

では何故か、それはズバリ普段周りから見えないからです。

 

肌着として大切という考えもあります。登山家は綿素材の下着を大切にするそうです。綿素材の下着は化学繊維の下着と比べて保温効果が高く、遭難した際の生存率に関わるって聞いたことがあります。

私のようにふつうの生活をする人間にとっても、肌に接する物である下着は、服というものの原点として、ある意味全ての服の種類より大切とも言えます。

 

でも、スタイルという観点から考えると、普段周りから見えないのであまり重視されないパーツでもあります。

だがしかし、普段見えないところだからこそオシャレにというのが私のスタイルです。

 

ちっちゃい人間である私は、そこに人との差を見つけ、微かな優越感に浸るのです。

(馬鹿みたいですが、大切だよ)

 

また、フとしたタイミングで、人に見られることがあるのがアンダーウェアです。

  • 座敷に上がった時
  • 大浴場で服を脱いだ時ー特に友達や会社の人と行く時は大切
  • 暑くて思わずシャツを脱いだ時
  • 病院で診察される時
  • 彼女と行為に至る時

などなど。。。

 

そんな時、下着に穴があいてたり、ゴムがヨレヨレだったり、恥ずかしいデザインだとイヤですよね。

私は逃げたいほど恥ずかしいです。

 

だから、アンダーウェアはいつもお気に入りを身に付けたいのです。

 

私は最近、グレイブボールトというブランドのパンツがお気に入りです。

f:id:heberekemachine:20180110225516j:plain

SALEで買ったパンツ



www.gravevault.jp

 

お気に入りのポイントは、

  1. 細いナイロン繊維で出来ていて、ツルツルしているので肌触りが良いこと。
  2. 軽くて、薄くて、洗濯してもすぐに乾くこと。
  3. デザインが好き。ツルツルしていて光沢感も良いこと。

 

服を選ぶ時、下着に限らずこれが良いというスタイルや、ブランドを決めるのはとても良いと思います。

変なものを間違って買う事も無くなるし、買い物の時間も短縮出来ます。

 

どうですか?パンツなんてと思う方にはバカバカしい話ではありますが、意外とこだわってみると、なんとなーくそれだけで日々の生活に自信が持てるようになったりするかもですよ。

 

グレイブボールト、おススメです。ちなみに私はいつも阪急で買ってます。

休肝日って言葉は誰が考えた。って言う愚痴です。

アルコールの最適な摂取量はどれくらいなの?

一般には1日一合が良いと言われますが本当でしょうか?

 

毎日沢山のアルコールを飲んでいても、アルコール依存症にならない人と、なる人がいます。

これは何が違うのでしょうか。

 

単純に考えると、人によって許容できるアルコールの量が違うからのはずですが、では何がその差を生み出しているのですか?

 

やっぱり肝臓の何かが違うのでしょうか?

私は医者でもなんでもないのでよく分かりませんが、お酒は大昔から人間にとってとても身近にあるものにも関わらず、なぜ未だにそれがはっきり分からないのでしょう。

 

なんか、簡単な検査をすれば、あなたは毎日これだけお酒を飲んでも大丈夫とか指針みたいなのを誰か考えないのかな?この検査手法を考案して、特許でも取れば絶対儲かるのに。なんてバカな事を考えつつ休肝に話を戻します。

 

グダグダ書きましたが、私は毎日浴びるように心ゆくまでビールを飲みたいのです。

そして、酒に溺れつつ、1日を締めくくりたいのです。

でもやっぱり、体が心配でどこかでブレーキがかかります。

 

休肝日って誰が言い出した!

そんな事言う奴さえ現れなければ、この世の中はもっとのんびりとフワンとした人ばかりのはずなのに。あー、昼から酒を堂々と飲める外人が羨ましい。

 

ワインならいいのかな。。。イヤ、違うか。

髪を切りました。アレ、ヤバくない(・・?)

今日は手短かです。

 

超ショックでした。

 

昨日美容院で髪を切ってもらったのですが、髪を洗ってもらったあとの髪のボリュームが明らかに減っているのです。

普段は髪がたっぷり濡れた状態で自分の頭を鏡で眺める事が少ないので、気付いていませんでしたが、ここ最近でかなりM字部分の髪が減っているんです。。。

 

それだけではなく、頭頂部の髪全体のボリュームが減っているのです。

 

美容師さんはさすがに何も言いませんでしたが、M字部分を隠すように、最後ワックスをつけて髪型を整えてくれました。

 

あー、もうハゲを覚悟しなくてはいけないんですね。

 

とうとう自分の身の上に否応なく降りかかってくるのですね。

 

いやー、ショックだなぁ。この気持ちはどう整理すればいいんだろうー

悩みってこういう事なんだなぁ〜

 

薄毛の似合う素敵なオジさんになれるかなぁ。。。

気に入ったものを身につけようーシンプルに生きよう

以前、物には縛られたく無い、自由に生きたい、開放されたいと言っていた私。

 

今日はその開放されるために心がけている自分のスタイルについて

 

スタイルに自信をもつ

私が大切だと思うのは、スタイルにポリシーと自信を持つことだと思います。

 

私は会社員だし、女の人からも良く見られたいと考える。

つまり、いつもどこかで社会とつながっています。

 

本当はもっとあらゆる物から自由でいたいというのが本音ですが、社会につながりを持つ限りそうもいきません。

 

ではどうすれば良いのか。

 

自分の所作、服装、持ち物を良くする。

これは高い物、ブランド品を持とういう意味ではありません。

 

安くても、ノーブランドでもいいんです。

自分が好きな物、気に入った物を身に付け、自分のスタイルを確立する事。

それによって自分が自信を持って社会、他者と向かい合える事。

これが大切です。

 

私はあまり有名なブランド品が好きではありませんが、質が良く、安いものは気に入って身に付けるようにしています。

 

何が言いたいかと言うと、

自分に自信が付くことで、他人の事、持ち物を羨む気持ちから開放される。

つまりそれによって物から開放されるという事です。

 

数は最低限

実は気に入った物を持つのと同時に、物の数は必要最低限というのが、開放されるために大切にしている私のポリシーです。

 

ビジネス

  • スーツは2着ー身体に合ったオーダースーツを黒系とネイビーでそれぞれ1着づつ
  • 腕時計は1つービジネスでもオフでも使える物を1つ
  • シャツは3着ーホワイト、クレリック、ストライプを1着づつ。これもオーダーです。私のちょっとしたこだわりはボタンを少しだけオーダーと分かるようにオシャレする事。
  • ネクタイも3本ーこれはシャツに合うものを1本づつ
  • 革靴は3足ー靴がすぐに傷まないように日替わりで履く靴を2足。あと雨の日ようにもう一足。ソウル部分は木製ではなく、ゴム製。普段使いだからね。
  • カバンは2つー普段使い用と、1泊程度の出張用が1つづつ。

 

私服

  • Tシャツ3着ー洗濯を考慮すると3枚は欲しい
  • シャツ2着ー毎日同じは何となくイヤだから2着
  • ズボン3着ージーンズ1つに、夏用、冬用が1本ずつ
  • コート1着
  • 靴2足ー何にでも合うホワイト系のスニーカーとあともう一足。

 

新しい物を買ったら古い物は処分する。

沢山物を持つと、次から次へ新しい物が欲しくなって、また物に支配されてしまうのがイヤなんで。

 

 

つまり、私のスタイルは気に入った物だけを必要な分だけ持つシンプルスタイルです。

 

こうやって自分のスタイルを定義する事で、自由になれた気がしてます。